もちとろ小大福  あんの雫

これはきっと初めて出会う美味しさです。


それは絹のようにしなやかで 赤ちゃんほっぺのように柔らかく 蜜のようになめらか。

福壽堂秀信が目指したのは誰もが知っていて食べたことがあるが 今まで食べたことのないそんな和菓子。

くわしくはこちら

関連記事

  1. 大阪ストロング珈琲饅頭
  2. アンのある食卓は幸せな時間
  3. おぜんざい
PAGE TOP