福寿堂秀信 オンラインショップ TOP  >  コラム 和菓子な毎日  >  夏越しの祓・・・6月に水無月を食べて無病息災を

2018.05.31

夏越しの祓・・・6月に水無月を食べて無病息災を

6月は水無月と書きますが、ちょうど梅雨時分のこと、水が無いわけはありません。
もとは「水の月」といい、田んぼに水を注ぎ入れ田植えを始める月であることを示していました。


さてこの6月にはその名も「水無月」という生菓子が京都で知られています。
6月30日の夏越の祓(なごしのはらえ)に食べるものとされ、これによって災いを祓いひと夏の無事息災を祈るのです。
「夏越」という言葉には「和(なご)す」の意味があり、それこそ悪鬼邪鬼を和ませ安らわせしむるのが夏越の祓でした。



「水無月」というお菓子は、いずれの和菓子屋でも、三角の外郎に小豆をのせたものです。

この三角という形は氷を模したものです。
いまのように冷凍設備などない時代に、夏の氷は限られた者しか口にできない貴重品でした。
氷室という、夏でも温度が低く氷がとけない土中の穴などを、貯蔵庫としていたのです。
氷室の氷を取り出して、暑気払いと夏の厄除けに食したのが「氷室の節会」という習わしでした。

ところが一般庶民には夏の氷などとても口にできるものではありません。
そこで白い三角の外郎を作り氷のかわりとし、また赤い小豆も厄除けの効用が語られていましたので、
外郎に小豆をのせて、素朴な庶民の厄払いとして食されてきたのです。


※本年の「水無月」販売は6/11~6/30です。配送はいたしかねますので店舗にてお求めください。